起業家、専門職に就いている方、また様々な活動をしている方へのインタビューやレポートを通して、いろいろな「生き方」をご紹介します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
-------- : スポンサー広告 :
Pagetop

シンボッティ ジャパンツアー2017(Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan live tour 2017) ムビラ 番外編

シンボッティさんジャパンツアーが終わって1ヶ月以上が経ちましたが、
ライブのときに撮影した映像を今更ながらYouTubeにUPしました。

短い映像で、暗い中での撮影だったので、公開もせず保存したままにしておいたのですが、
主催者の実近修平さんの許可を得て、公開に至りました。

よろしかったらご覧くださいませ!
短編動画2本です。
2017年5月30日の、「ひとひとて」さんでのライブの一コマです^^





FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2017-08-25 : シンボッティ ジャパンツアー2017 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

同じことを伝えるのでも「ほっこり」を心がける

私は方向音痴だ。

目的地に行くまでに3人くらいに聞いてしまったという経験も一度だけではない。
幸いなことに、私が道を聞くかたたちは、みなさん親切に教えてくださる。時には励ましてくださる。
私がかなり切羽詰まった様子で聞いているのかもしれないけれど。

自分が方向音痴だと自覚しているので、初めての場所に行くときには念入りに調べるようにしている。
最近はナビがあるから便利だけれど、それでも初めての場所に行くときには、
「無事にたどり着けるだろうか……」
と緊張してしまう。

そして目的地にたどり着けた時には、そこにいる人たちに、
「よかったー!着けたー!方向音痴なんで、着けるか心配だったんですー」
と言ってしまうことが多々ある。

これは言葉通り、
「(自分は)方向音痴だけど、無事に着けてよかった」
というシンプルな意味でしかなく、決して誰かを責める意味で発しているわけではない。

敢えて言うなら、別にしなくてもいい「私、方向音痴なんです」アピールをしているだけ。

さらに深く考えてみると、もしかしたら奥のほうに、
「(あなたは方向音痴なのに)ここにたどり着けて本当に幸運でしたね!」
と思ってもらえるかもしれないことを期待しているのかもしれない。
いえ、別に強く期待しているわけではないけれど、もしかしたら期待しているのかもしれない。

もうちょっと軽く、
「(あなたは方向音痴なのに)たどり着けて良かったじゃないですか!」
を少し期待しているのかもしれない。

つまり、
「(たどり着けて)良かったですー」「(たどり着けて)良かったじゃないですかー」という、”良かった&良かった”の、たわいのないやり取りを期待しているのかもしれない。

その”良かった&良かった”からは、なにも悪い感情が生まれないはずだと思っていた。


しかーし!
私の「方向音痴アピール」には、”良かった&良かった”というやり取りになる以外の受け取り方があると気づいた。

受け取り手によっては、
「ここに来るの、わかりづらかったです(わかりづらくて苦労した)」
とか、
「こんなところに来させるなんて!(不満です)」
というふうに受け取ってしまうらしいのだ!

そうなると、単なる方向音痴の話が「嫌味」になってしまう。

よって、受け取り手は傷ついてしまったり、頭にきてしまったりする。

むしろ自分を下げるつもりで発しているつもりの、
「私、方向音痴なんです」
が嫌味になっているとは悲しいこと。

でも、気づいたからには注意することができるのだ。
伝え方をちょっと工夫するだけで、誰も傷つけることがない言葉になるのだから。

例えばその場所が本当にわかりにくい場所だったとしても、
「わあ、隠れ家的なステキなところですね~」
とか、
迷った末にやっとたどり着けたのだとしても、
「あったかい場所に迎えてもらえてホッとしました~」
など。

迷いながらやっとたどり着けた事実は同じでも、伝え方で受け取り手の気持ちはぐっと、”ほっこり”ではないですか?

私は決して相手を不快にさせようと思っているわけではないのだから、
むしろ”良かった&良かった”という心地よい感覚を期待しているわけだから、このような言葉を遣うほうが目的を果たせるといえる。

言葉は生き物。
ひとつの言葉で幸せになれたり、傷つけてしまったりする。

ちょっとした心遣い。
今まで無意識に、良かれと思って発していた言葉たちさえ、見直していこう。
そこから良い人間関係も育まれていくのだ。

32c58c85701ec774bab0f7d8a9d145f1_s.jpg
2017-08-15 : 思うこと : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

シンボッティ ジャパンツアー2017(Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan live tour 2017) ムビラ part8

シンボッティさんは無事に日本ツアーを終え、帰国されました。

ライブももっとたくさん行こうと思っていたのに、時間の都合がつかず、東京でのライブにしか行けませんでしたが、
数は少なくても、私にはとても貴重な体験でした。

聴いた音が、受け取った音が、時間が経つにつれ、私の中で育っているように感じます。
育っているというか、「作用している」というほうが近いです。

どういうふうに「作用している」のかというと、
例えばバラバラにされたジグソーパズル、
バラバラになったままでは仕方ないから、合わないところもあっても、テキトーに、はめ込んで、余ったピースがあっても、そのまま上にポツンと置いたままにして、一応まとまった形っぽくしているジグソーパズル。

それが今までの私の心だったとすると、
そのテキトーにはめ込んであったピースを、きちんと正しい場所に、入れ替えている、という感じ。

正しい場所に、あるべき場所に、1ピース1ピース、ゆっくりと、パチン、パチン、って、はめ直していることによって、
私自身は、とても自然なあるべき姿に、あるべき心に戻っていけていて、心地よいという感じ。


そういえば、このブログで、今回のツアーで発売されたアルバムのレビューを書こうと思っていました。

でも結果的に書いてません。
というか、書けませんでした。
私の力量不足というだけかもしれませんが、聴いて、「これは、文章では書けない」と感じたからです。
だから、書くとすれば「聴いてみてください」ということだけです。
聴けばわかる、または聴かなければわからない。

もっと正しくは、アルバムで聴くより「生の演奏を聴けばわかる」です。


自分を変えるのは自分だけだし、
自分がどうすればいいのかは自分だけしかわからない、
と思っていますが、
自力だけでは無理で、ほかのチカラを必要とすることもあります。

そういった意味で、私にはシンボッティさんの音が必要だったということなのかもしれません。
確実に、いまだに私の中で作用し続けているので。

今回のツアー、素晴らしかったけど、大変だったと思います。
主催者の実近修平さんはじめ、プレイヤーの皆さん、オーガナイザーの皆さん、本当にお疲れさまでした。
そしてありがとうございました。

ツアー中の皆さんの笑顔を見るだけで、しあわせになれました。

ありがとうございました。本当にありがとうございました。

シンボッティさん


私は、
ムビラを弾くように、生きていきたいです。


FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017-07-10 : シンボッティ ジャパンツアー2017 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

シンボッティ ジャパンツアー2017(Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan live tour 2017) ムビラ part7

シンボッティさん

「MBIRAのなかにこの地球で起こるすべてのことをみることができる 」
フライヤーにも書かれているこの言葉の意味が、わかったような気がしています。

シンボッティさんの音を聴いてから、音が大きなパワーになって、自分の中で育ってきているように感じます。

「なんでムビラをやっているんですか?」
と聞かれても、上手にこたえることができなくて、
ムビラを弾きたいから弾いているだけじゃダメなのかな、
と思ってきました。

やめられない理由もわからずにやってきました。

でもシンボッティさんの音から受け取った何かが、自分の中で作用してきて、
なんとなく、やめられない理由がわかったような気がしています。

簡単に言うならば、
ムビラを弾くことは生きること。

この世に在ることのすべてを、ムビラが教えてくれる。

より良く生きたい気持ちがあるから、ムビラをやめられない。


例えば、2つ目のムビラを購入した時に、
「どっちにも公平に接しなくちゃ」
と思った私に、ムビラは教えてくれました。

『”誰にでも公平に”は、逆に”不公平”だよ』

確かに。
それぞれの個性があるのだから、全てに対して公平は逆に不公平になってしまう。
それぞれに対して1対1の、それぞれに合った接し方をしていかなくてはいけない。


例えばムビラを弾きながら、「この音の出し方、これでいい?」と、いちいちムビラのご機嫌を確認するようにしていた私に、ムビラは教えてくれました。

『様子をうかがう、探るような姿勢は違うよ。信頼関係があったら、様子をうかがうようなことはしないはずだよ』

あー、確かに!
人間関係でも同じで、”探る”っていうのは、相手を信頼していないからしてしまうこと。


ムビラのライブに行くたびに、(ムビラの神様がいるのなら)ムビラの神様に聞いてしまうことがあります。
「私はムビラを続けていてもいいですか」

イエスかノーかの答えが返ってきたことはなくて、
でも、それらしきことが返ってきたのは、一度だけ。

『やりたければやっていればいい』

”でも、続けているのがつらいんです”

『続けていれば、強くもなれるよ』


ムビラから教えてもらったように思えること、これらのことすべて、
考えてみると、生きていくことにもつながっています。
生きていくのがつらいって思うことがあっても、生きているうちにいろいろな経験をして、強くなっていくよっていうふうに。


ムビラをやめられないのは、「生きていく」ことにつながっているからかな、
と思いました。

意味なんてなくたっていい、と思いながら、心にずっとひっかかっていたこと。
ムビラをやめられない意味。続けていきたい意味。

シンボッティさんの音に出会ったことで、見えてきました。
人生観変わるような、すごい体験。
今まで見えなかったこたえに気づくきっかけになる体験。

シンボッティさんのライブは7月3日までです!
ぜひぜひ、お見逃しなく!


告知用音源 奥:シンボッティさん、手前:主催者の実近修平さん

**********************


☀️Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan live tour 2017☀️

“ MBIRAは聖典のようなものだ MBIRAのなかにこの地球で起こるすべてのことをみることができる ”

Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan live tour 2017 への想い
MBIRAという楽器を知ってもらいたい気持ちもありますが、それ以上にSimbotiから奏でられる音が、日本の国土にいる存在にどういう衝撃をもたらすのか、ということに気持ちが向いています。彼は、これまでライブという形をとって演奏することはありませんでした。儀式でしか演奏してこなかった。1000年以上に連なる儀式で演奏してきた存在の奏でる音に出会ってもらい、これまで見ようとしてこなかったものが再び見えるようになるなら、とてもうれしくおもいます。(主催者 実近修平)

MBIRAについて
アフリカ南部に位置するジンバブエのショナ族に、1000年以上前から伝わり土着信仰の儀式で使われる楽器。先祖への感謝を捧げ、先祖から子孫は生き抜くための智慧や力を受け取るとされる。Simbotiの師であるBandambiraの流派ではMBIRAの機能を、「Remind(想起させること)」としている。各曲に込められたさまざまな教えが、この世界を生き抜くために想起させてゆく。

MBIRA奏者紹介
Rinos Mukuwurirwa Simboti (リノス ムクリルワ シンボッティ)
1952年生まれ
1972年にショナ族伝統の土着信仰の儀式で、生きる伝説といわれたMubayiwa Bandambiraと出会い師事する。その才能を認められ入門して1年目から儀式で演奏するようになる。現在まで儀式のための演奏家として知られている。儀式での演奏者で師の教えを受け継ぎ伝える者、またMBIRAの製作者でもある。 トーテムのSimbotiはチーターの意。人々はそのトーテムをとってSimbotiと呼んでいる。

実近修平(さねちか しゅうへい)
1981年生まれ
2007年にジンバブエへ渡り、ショナ族の土着信仰の伝統楽器MBIRA演奏者であるRinos Mukuwurirwa Simbotiに師事する。ジンバブエへの渡航は七度。現在はMBIRAのソロ奏者で京都を拠点として、全国でライブ活動と伝統曲を伝えること、Simbotiの製作したMBIRAを販売している。演奏の相方である石村行とMBIRAバンドを組み「ニューアース」としてライブ活動をしている。

石村行(いしむら あゆむ)
1980年生まれ
2005年にジンバブエへ渡り、ショナ族の土着信仰の伝統楽器MBIRA演奏者であるRinos Mukuwurirwa Simbotiに師事する。ジンバブエへの渡航は七度。演奏の相方である実近修平とMBIRAバンド「ニューアース」を組み、ライブで演奏をしている。

Simbotiによる個人ワークショップについて
個人ワークショップをご希望の方は、実近修平(全期間中)までご連絡ください。日程や会場は御依頼人と相談をして決めます。
原則として30曲以上を習得された方を対象とします。
(1曲 40分 12000円/実近から学んでいる方は6000円)

tuning(チューニング:調律)についてMBIRAのチューニングをご希望の方は、実近修平(全期間中)までご連絡ください。
tuningは1台につき2500円(実近から購入された方は1000円)
基本的にライブの前の集合時間内で行います。状況により応相談。

物販
Simboti製MBIRA Low-Sangweme tune 1台/60000円
CD : Simboti’s solo play (販売予定 アルバム名未定)

予約・お問合せ先
※予約受付期間によって連絡先の担当が異なります。ご注意ください。

期間”2月15日~4月26日”
実近修平(さねちか しゅうへい)
TEL : 080-6335-6962
MAIL : shuhei.sanechika@gmail.com

期間”4月27日~7月4日”
田畑有子 (たばた ゆうこ)
TEL : 090-6068-7115
MAIL : kailashseika@gmail.com

【予約可】【要予約】の違いについて
両方とも予約が完了すればお席が確保されます。各会場のスペース等の条件から、【予約可】は【要予約】よりも当日のお席がある可能性が高いことを意味します。【要予約】の会場は早いうちにお席がなくなるので、予約をお勧めします。

子どもたちの参加について
太古から続く文化の一端を、子どもたちに触れてさせてあげたいと思ってくださる人も多いと思います。主催者である私も同じ気持ちです。演奏中、静かに聴く子どもたちもいます。その一方、子どもたちが騒いだことで、聴きに来られた方からの苦情を受けたという経験もあります。主催者としてお金をいただいて開催する以上、そこに配慮をしたいと思います。もしも、子どもたちが騒いだ場合、お連れの方に注意する能力があるのかを鑑みて、各自判断の上ご参加願います。授乳中のあかちゃん、お連れの方の膝の上で聴ける子どもは無料。前述の条件ではない子どもたちは大人と同じ料金をお願いします。

【要予約】
4月26日 水曜日
日陽庵

開場 12:00
開演 13:00
参加費 前売4000円/当日4500円
大阪府貝塚市清児995-1
tel : 090-8385-0707

【要予約】
4月27日 木曜日
恵古箱

開場 16:00
開演 17:00
参加費 前売4000円/当日4500円
奈良県葛城市新庄392
tel : 0745-43-7602

【要予約】
4月28日 金曜日
House&Garden 日ヨリ

開場 16:00
開演 17:00
参加費 前売4000円/当日4500円
大阪府富田林市嬉840-3
tel : 090-7504-0208

【要予約】
4月29日 土曜日
かふぇ さんうぇめ

開場 16:00
開演 17:00
参加費 前売4000円/当日4500円
大阪府堺市南区城山台3-13-7
tel : 072-294-3688

【予約可】
4月30日 日曜日
Freestyle Move

開場 17:00
開演 18:00
参加費 前売4000円/当日4500円
大阪府大阪市北区豊崎 3丁目-6-8 TOビル7F
tel : 090-1909-9837

【要予約】
5月1日 月曜日
kachua

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4000円/当日4500円
神戸市灘区神前町1-2-24 L’epice 2F
tel : 078-200-6634

【予約不要】
5月2日 火曜日
京都住蓮山 安楽寺

「くさの地蔵縁日」
開場 10:00
開演 15:00
参加費 志納料(入山料 500円別途必要/15歳以下無料)
京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21番地
tel : 075-771-5360

【要予約】
5月3日 水曜日
なやカフェ

開場 17:00
開演 18:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都府京都市左京区北白川堂ノ前町1 デュ北白川102
tel : 090-3765-5245

【予約可】
5月4日 木曜日
Organic house Salute

[MBIRA レッスン] 【予約必須】
グループレッスン(10名まで)
開場 12:30
開始 13:00
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE]
開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
※MBIRAレッスンとライブの同時参加の方は6000円で参加可能
京都府京都市下京区東塩小路町600-31
tel : 075-341-3737

【予約可】
5月5日 金曜日
錦鱗館

[MBIRA レッスン]【予約必須】
グループレッスン(10名まで)
開場 12:30
開始 13:00
参加費 3500円(1曲まで)
[MBIRA LIVE]
開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
※MBIRA教室とライブの同時参加の方は6000円で参加可能
京都府京都市左京区吉田神楽岡町3番地
tel : 090-5974-8372

【予約可】
5月7日 日曜日
竹谷山 長栄寺

開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都府京都市上京区大宮通一条上る西入栄町678-1
tel : 050-1357-6848

【要予約】
5月9日 火曜日
みけねこ食堂

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都市左京区田中南西浦町73-11
tel : 080-6177-1156

【要予約】
5月11日 木曜日 満月🌕
なやカフェ

開場 17:00
開演 18:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都府京都市左京区北白川堂ノ前町1 デュ北白川102
tel : 090-3765-5245

【予約可】
5月13日 土曜日
堺町画廊

開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都市中京区堺町通御池下ル
tel : 075-213-3636

【予約可】
5月14日 日曜日
入逢山 西方寺

開場 17:00
開演 18:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都府京都市右京区常盤出口町1
tel:075-861-3415

【予約可】
5月15日 月曜日
タネヲマク

開場 18:30
開演 19:30
参加費 前売2500円+1オーダー/当日3000円+1オーダー
岐阜県瑞浪市寺河戸町1139
tel : 080-6913-0833

【予約可】
5月16日 火曜日
木木(もくもく)

開場 18:00
開演 18:30
参加費 前売2000円/当日2500円
長野県上伊那郡中川村大草3232-1
tel : 080-2648-8324

【予約可】
5月18日 木曜日
まるさんかくしかく堂

「お香ブランドSangaとの合同企画」
開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売2000円+1オーダー/当日2500円+1オーダー
長野県上田市上丸子280
tel : 0268-71-5457

【予約可】
5月19日 金曜日
Sangam

[MBIRA 教室]【予約必須】
グループレッスン(10名まで)
開場 18:30
開始 19:00
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE]
開場 19:30
開演 20:30
参加費 前売4500円(1ドリンク込)/当日5000円 (1ドリンク込)
※MBIRA教室とライブの同時参加の方は6500円で参加可能
群馬県高崎市中居町2-6-25
tel : 027-386-4846

【要予約】
5月20日 土曜日
haze

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4000円/当日4500円
埼玉県川越市元町1-12-6
tel : 070-5563-4862

【予約可】
5月21日 日曜日
菩提樹の家

開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円(1ドリンク込)/当日4500円(1ドリンク込)
東京都八王子市大和田町1-32-17
tel : 090-9380-7716

【予約可】
5月25日 木曜日
スタジオアムリタ・ウエスト3F

開場 18:30
開演 19:30
参加費 前売4000円/当日4500円
東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目17 吉祥寺本町2-17-12 藤彩ビル3F
tel : 0422-23-6611

【要予約】
5月26日 金曜日
対抗文化専門古書 気流舎

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4000円+1オーダー/当日4500円+1オーダー
東京都世田谷区代沢5丁目29-17 飯田ハイツ1F
tel : 03-3410-0024

【要予約】
5月27日 土曜日
くにたち はたけんぼ

[MBIRA 教室] 【予約必須】
グループレッスン(12名まで)
開場 14:30
開始 15:00
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE]
開場 16:00
開演 17:00
参加費 前売4000円/当日4500円
※MBIRAレッスンとライブの同時参加の方は6000円で参加可能
東京都国立市谷保641
tel : 080-4233-4517

【要予約】
5月28日 日曜日
ギャラリー ゆうど

Imaginary Cafe ~想像的民族料理店~田中庸平プレゼンツ
[MBIRA 教室] 【予約必須】
グループレッスン(8名まで)
開場 14:00
開始 14:30
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE] 
開場 15:30
開演 16:00
参加費 前売7000円/当日7500円
(ご飯とお茶とスイーツ代込み)
※MBIRAレッスンとライブの同時参加の方は9000円で参加可能
東京都新宿区下落合3丁目20-21
tel : 080-5413-6953

【要予約】
5月30日 火曜日
ひとひとて

開場 18:30
開演 19:30
参加費 前売4000円+1オーダー/当日4500円+1オーダー
東京都立川市若葉町1-17-1
tel : 042-507-7352

【要予約】
6月1日 木曜日
たけのこ庵

開場 19:00
開演 20:00
参加費 前売5000円/当日5500円
(夜ご飯代込)
神奈川県鎌倉市 笛田5-6-29
tel : 0467-37-9098

【要予約】
6月2日 金曜日
Panchavati

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4000円+1オーダー/当日4500円+1オーダー
静岡県静岡市鷹匠3-1-13
tel : 054-273-5515

【要予約】
6月3日 土曜日
アーティスト ロフト ボタニカ

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4500円(1ドリンク込)/当日5000円(1ドリンク込)
静岡県静岡市葵区研屋町25
tel : 054-254-8401

【予約可】
6月4日 日曜日
パルル

[MBIRA レッスン] 【予約必須】
グループレッスン(10名まで)
開場 13:30
開始 14:00
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE]
開場 15:00
開演 16:00
参加費 前売4000円/当日4500円
※MBIRA教室とライブの同時参加の方は6000円で参加可能
愛知県名古屋市中区新栄2-2-19
tel : 052-262-3629

【要予約】
6月6日 火曜日
点々(てんてん)

開場 13:00
開演 14:00
参加費 前売4000円/当日4500円
(ネパールの無農薬無化学肥料のコーヒー付)
名古屋市天白区野並3-225
サーナ野並1F
tel : 052-852-3311

【要予約】
6月9日 金曜日 満月🌕
Da maeda

(満月ポットラックパーティ)
開場 18:00
開演 19:00
京都市上京区千本通り中立売上ル玉屋町36
※このライブ&パーティはご予約のみ
予約・お問い合わせ先 Da maeda [tel : 075-465-5268]

【予約可】
6月10日 土曜日
民族楽器コイズミ

[MBIRA レッスン] 【要予約】
グループレッスン(8名まで)
開場 12:30
開始 13:00
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE]
開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
※MBIRA教室とライブの同時参加の方は6000円で参加可能
京都府京都市中京区寺町通り姉小路上る下本能寺前町518番地
tel : 075-231-3052

【予約可】
6月11日 日曜日
錦鱗館

[MBIRA レッスン]【予約必須】
グループレッスン(10名まで)
開場 12:30
開始 13:00
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE]
開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
※MBIRA教室とライブの同時参加の方は6000円で参加可能
京都府京都市左京区吉田神楽岡町3番地
tel : 090-5974-8372

【要予約】
6月13日 火曜日
みけねこ食堂

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都市左京区田中南西浦町73-11
tel : 080-6177-1156

【要予約】
6月16日 金曜日
なやカフェ

開場 17:00
開演 18:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都府京都市左京区北白川堂ノ前町1 デュ北白川102
tel : 090-3765-5245

【予約可】
6月17日 土曜日
堺町画廊

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都市中京区堺町通御池下ル
tel : 075-213-3636

【要予約】
6月21日 水曜日 夏至
musubi-ya

開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都市一乗寺築田103
tel : 090-4099-0998

【予約可】
6月23日 金曜日
入逢山 西方寺

~極楽浄土への誘い~
開場 17:00
開演 18:00
参加費 前売6000円/当日6500円
第1部:観世流梅若の井上和幸能楽師による「西王母」の素謡とお話し
第2部:Rinos Mukurirwa Simbotiと実近修平のムビラ演奏
京都府京都市 右京区常盤出口町1
tel:075-861-3415

【要予約】
6月24日 土曜日
WAkka

開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4500円(1ドリンク付)/当日5000円(1ドリンク付)
京都市左京区下鴨西梅ノ木町9-3
tel : 080-5413-6953

【予約可】
6月25日 日曜日
民族楽器コイズミ

[MBIRA レッスン] 【要予約】
グループレッスン(8名まで)
開場 12:30
開始 13:00
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE]
開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
※MBIRA教室とライブの同時参加の方は6000円で参加可能
京都府京都市中京区寺町通り姉小路上る下本能寺前町518番地
tel : 075-231-3052

【要予約】
6月30日 金曜日
なやカフェ

開場 17:00
開演 18:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都府京都市左京区北白川堂ノ前町1 デュ北白川102
tel : 090-3765-5245

【予約可】
7月1日 土曜日
京都住蓮山 安楽寺

MBANBARAMBIRA ~ムビラの祭典~
開場 13:00(マーケットタイム)
開演 17:00~20:00(ライブタイム)
参加費 前売3500円/当日4000円
(入山料 別途500円必要/15歳以下無料)

出演者 Rinos Mukuwurirwa Simboti(40分)ニューアース(45分) 久津輪美和×実近修平(30分) 犀とみつばち(30分) ムララウング(15分)
※カッコ内は演奏時間

MBANBARAMBIRAについて
生命にとって欠かせない御水へのありがたさを「Remind(想起させること)」してもらえたらと、ショナ族にとっての雨をもたらす風であるバンバーラにかけ、MIBIRAと合体させて名前をつけました。演奏を通じてみなさんの心に呼び起こされる感覚があれば幸いです。

出演者紹介
Rinos Mukuwurirwa Simboti:ショナ族の土着信仰の儀式演奏者 師はMubayiwa Bandambira
ニューアース:石村行と実近修平のMBIRAバンド 師はSimboti
久津輪美和×実近修平 : 両者とも師はSimboti
犀とみつばち:久津輪美和、西嶋俊介、野澤奈穗、神崎英美巨、永田翔平のMBIRAユニット 師はSimboti
ムララウング:たばたゆうこ、ムカワメグミ、石村明日花のMBIRAユニット 師はSimboti

出店者 
なやカフェ(コーヒーとおやつ) カイラスセイカ(おやつ) 杉山佳苗珈琲焙煎(珈琲) サルーテ(菜食ごはん) 手作り味噌ムファロ(お味噌汁) ぼっかって(おにぎり のみもの 手作りのもの) カーヴ田中屋(自然派ワイン) musubi-ya(おいしい野菜と雑貨) T△ri / フランク菜っぱ若狭ベイエリア店(若狭のものとオーガニックな手作りのもの) 木ト布ノ工房 じゃむんち(木の道具やオブジェ) にほひ(ころもとしぜんぶつ) 田中庸平(整体) 阿部有美(ディエンチャン)
京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21番地
tel : 075-771-5360

【要予約】
7月2日 日曜日
かふぇ さんうぇめ

開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
大阪府堺市南区城山台3-13-7
tel : 072-294-3688

【要予約】
7月3日 月曜日
日陽庵

開場 12:00
開演 13:00
参加費 前売4000円/当日4500円
大阪府貝塚市清児995-1
tel : 090-8385-0707



FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017-06-19 : シンボッティ ジャパンツアー2017 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

シンボッティ ジャパンツアー2017(Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan live tour 2017) ムビラ part6

シンボッティさん

アルバム


今回のツアーの会場で販売されているアルバムの解説をあらためて読んでいたら、
『彼(シンボッティさん)がこの地球上で起こっていることのありのままを認め、それを修正しなければならないという想いをもっていないことに起因するのかもしれない』
と書かれていたので驚きました。

前回の記事で私は、
「ありのまま」
というキーワードを使ったのですが、
これはつまり、シンボッティさんの音をきちんと受け取れていたということかも!と思ったからです。
もちろん完ぺきではないにしても、ある程度、きちんと。


シンボッティさんは関東ライブのスケジュールを終えて、東海から関西へと向かいます。

あらためて、遠いジンバブエからムビラの技術や音を運んできてくれているプレイヤーたち、オーガナイザーたちの功績を称えたいと思います。

私もジンバブエに行ったことはありますが、基本的に日本国内でムビラを学んできました。
日本にいるプレイヤーたちから、また来日した師匠から。

ジンバブエまで行き、師匠を訪ね、頼んで教えてもらうのは、時間も費用もかかるし、精神的にも大変なことだと思います。

その大変さを充分理解はできていないかもしれないけれど、
私はずっと、その尽力に感謝しながら、
毎回、お願いをして、ひとつひとつのフレーズを大切に教えてもらい、教えてもらえることにも感謝をしてきました。
そして、教えてもらったフレーズを大切に大切に練習しています。

たぶん教えてくれるプレイヤーも、教えてもらう側も、楽しいことばかりではないから、そのフレーズたちは汗と涙の結晶のようなものに感じています。

特にジンバブエの師匠たちに直に教えてもらえるのは、この上なく幸せなことで、それが日本国内で体験できるなんて本当に本当に幸せなこと。

それができるのは、師匠を招聘したプレイヤーやスタッフ、オーガナイザーが並大抵ではない決意のもと、ツアーを敢行してくれているからです。

今回、遠いジンバブエから日本に来てくれたシンボッティさんにも感謝以外の気持ちはありません。
日本での滞在を少しでも楽しんで、日本を好きになってもらえたらいいなと思います。

7月3日までツアーは続きます。
各会場で、素晴らしい演奏を聴いた後には、シンボッティさんやオーガナイザーの皆さんに、「ありがとう」をいいましょう。

ショナ語で「ありがとう」は、『Maitabasa(マイタバーサ)』です!( ◠‿◠ )




告知用音源 奥:シンボッティさん、手前:主催者の実近修平さん

**********************


☀️Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan live tour 2017☀️

“ MBIRAは聖典のようなものだ MBIRAのなかにこの地球で起こるすべてのことをみることができる ”

Rinos Mukuwurirwa Simboti Japan live tour 2017 への想い
MBIRAという楽器を知ってもらいたい気持ちもありますが、それ以上にSimbotiから奏でられる音が、日本の国土にいる存在にどういう衝撃をもたらすのか、ということに気持ちが向いています。彼は、これまでライブという形をとって演奏することはありませんでした。儀式でしか演奏してこなかった。1000年以上に連なる儀式で演奏してきた存在の奏でる音に出会ってもらい、これまで見ようとしてこなかったものが再び見えるようになるなら、とてもうれしくおもいます。(主催者 実近修平)

MBIRAについて
アフリカ南部に位置するジンバブエのショナ族に、1000年以上前から伝わり土着信仰の儀式で使われる楽器。先祖への感謝を捧げ、先祖から子孫は生き抜くための智慧や力を受け取るとされる。Simbotiの師であるBandambiraの流派ではMBIRAの機能を、「Remind(想起させること)」としている。各曲に込められたさまざまな教えが、この世界を生き抜くために想起させてゆく。

MBIRA奏者紹介
Rinos Mukuwurirwa Simboti (リノス ムクリルワ シンボッティ)
1952年生まれ
1972年にショナ族伝統の土着信仰の儀式で、生きる伝説といわれたMubayiwa Bandambiraと出会い師事する。その才能を認められ入門して1年目から儀式で演奏するようになる。現在まで儀式のための演奏家として知られている。儀式での演奏者で師の教えを受け継ぎ伝える者、またMBIRAの製作者でもある。 トーテムのSimbotiはチーターの意。人々はそのトーテムをとってSimbotiと呼んでいる。

実近修平(さねちか しゅうへい)
1981年生まれ
2007年にジンバブエへ渡り、ショナ族の土着信仰の伝統楽器MBIRA演奏者であるRinos Mukuwurirwa Simbotiに師事する。ジンバブエへの渡航は七度。現在はMBIRAのソロ奏者で京都を拠点として、全国でライブ活動と伝統曲を伝えること、Simbotiの製作したMBIRAを販売している。演奏の相方である石村行とMBIRAバンドを組み「ニューアース」としてライブ活動をしている。

石村行(いしむら あゆむ)
1980年生まれ
2005年にジンバブエへ渡り、ショナ族の土着信仰の伝統楽器MBIRA演奏者であるRinos Mukuwurirwa Simbotiに師事する。ジンバブエへの渡航は七度。演奏の相方である実近修平とMBIRAバンド「ニューアース」を組み、ライブで演奏をしている。

Simbotiによる個人ワークショップについて
個人ワークショップをご希望の方は、実近修平(全期間中)までご連絡ください。日程や会場は御依頼人と相談をして決めます。
原則として30曲以上を習得された方を対象とします。
(1曲 40分 12000円/実近から学んでいる方は6000円)

tuning(チューニング:調律)についてMBIRAのチューニングをご希望の方は、実近修平(全期間中)までご連絡ください。
tuningは1台につき2500円(実近から購入された方は1000円)
基本的にライブの前の集合時間内で行います。状況により応相談。

物販
Simboti製MBIRA Low-Sangweme tune 1台/60000円
CD : Simboti’s solo play (販売予定 アルバム名未定)

予約・お問合せ先
※予約受付期間によって連絡先の担当が異なります。ご注意ください。

期間”2月15日~4月26日”
実近修平(さねちか しゅうへい)
TEL : 080-6335-6962
MAIL : shuhei.sanechika@gmail.com

期間”4月27日~7月4日”
田畑有子 (たばた ゆうこ)
TEL : 090-6068-7115
MAIL : kailashseika@gmail.com

【予約可】【要予約】の違いについて
両方とも予約が完了すればお席が確保されます。各会場のスペース等の条件から、【予約可】は【要予約】よりも当日のお席がある可能性が高いことを意味します。【要予約】の会場は早いうちにお席がなくなるので、予約をお勧めします。

子どもたちの参加について
太古から続く文化の一端を、子どもたちに触れてさせてあげたいと思ってくださる人も多いと思います。主催者である私も同じ気持ちです。演奏中、静かに聴く子どもたちもいます。その一方、子どもたちが騒いだことで、聴きに来られた方からの苦情を受けたという経験もあります。主催者としてお金をいただいて開催する以上、そこに配慮をしたいと思います。もしも、子どもたちが騒いだ場合、お連れの方に注意する能力があるのかを鑑みて、各自判断の上ご参加願います。授乳中のあかちゃん、お連れの方の膝の上で聴ける子どもは無料。前述の条件ではない子どもたちは大人と同じ料金をお願いします。

【要予約】
4月26日 水曜日
日陽庵

開場 12:00
開演 13:00
参加費 前売4000円/当日4500円
大阪府貝塚市清児995-1
tel : 090-8385-0707

【要予約】
4月27日 木曜日
恵古箱

開場 16:00
開演 17:00
参加費 前売4000円/当日4500円
奈良県葛城市新庄392
tel : 0745-43-7602

【要予約】
4月28日 金曜日
House&Garden 日ヨリ

開場 16:00
開演 17:00
参加費 前売4000円/当日4500円
大阪府富田林市嬉840-3
tel : 090-7504-0208

【要予約】
4月29日 土曜日
かふぇ さんうぇめ

開場 16:00
開演 17:00
参加費 前売4000円/当日4500円
大阪府堺市南区城山台3-13-7
tel : 072-294-3688

【予約可】
4月30日 日曜日
Freestyle Move

開場 17:00
開演 18:00
参加費 前売4000円/当日4500円
大阪府大阪市北区豊崎 3丁目-6-8 TOビル7F
tel : 090-1909-9837

【要予約】
5月1日 月曜日
kachua

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4000円/当日4500円
神戸市灘区神前町1-2-24 L’epice 2F
tel : 078-200-6634

【予約不要】
5月2日 火曜日
京都住蓮山 安楽寺

「くさの地蔵縁日」
開場 10:00
開演 15:00
参加費 志納料(入山料 500円別途必要/15歳以下無料)
京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21番地
tel : 075-771-5360

【要予約】
5月3日 水曜日
なやカフェ

開場 17:00
開演 18:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都府京都市左京区北白川堂ノ前町1 デュ北白川102
tel : 090-3765-5245

【予約可】
5月4日 木曜日
Organic house Salute

[MBIRA レッスン] 【予約必須】
グループレッスン(10名まで)
開場 12:30
開始 13:00
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE]
開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
※MBIRAレッスンとライブの同時参加の方は6000円で参加可能
京都府京都市下京区東塩小路町600-31
tel : 075-341-3737

【予約可】
5月5日 金曜日
錦鱗館

[MBIRA レッスン]【予約必須】
グループレッスン(10名まで)
開場 12:30
開始 13:00
参加費 3500円(1曲まで)
[MBIRA LIVE]
開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
※MBIRA教室とライブの同時参加の方は6000円で参加可能
京都府京都市左京区吉田神楽岡町3番地
tel : 090-5974-8372

【予約可】
5月7日 日曜日
竹谷山 長栄寺

開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都府京都市上京区大宮通一条上る西入栄町678-1
tel : 050-1357-6848

【要予約】
5月9日 火曜日
みけねこ食堂

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都市左京区田中南西浦町73-11
tel : 080-6177-1156

【要予約】
5月11日 木曜日 満月🌕
なやカフェ

開場 17:00
開演 18:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都府京都市左京区北白川堂ノ前町1 デュ北白川102
tel : 090-3765-5245

【予約可】
5月13日 土曜日
堺町画廊

開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都市中京区堺町通御池下ル
tel : 075-213-3636

【予約可】
5月14日 日曜日
入逢山 西方寺

開場 17:00
開演 18:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都府京都市右京区常盤出口町1
tel:075-861-3415

【予約可】
5月15日 月曜日
タネヲマク

開場 18:30
開演 19:30
参加費 前売2500円+1オーダー/当日3000円+1オーダー
岐阜県瑞浪市寺河戸町1139
tel : 080-6913-0833

【予約可】
5月16日 火曜日
木木(もくもく)

開場 18:00
開演 18:30
参加費 前売2000円/当日2500円
長野県上伊那郡中川村大草3232-1
tel : 080-2648-8324

【予約可】
5月18日 木曜日
まるさんかくしかく堂

「お香ブランドSangaとの合同企画」
開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売2000円+1オーダー/当日2500円+1オーダー
長野県上田市上丸子280
tel : 0268-71-5457

【予約可】
5月19日 金曜日
Sangam

[MBIRA 教室]【予約必須】
グループレッスン(10名まで)
開場 18:30
開始 19:00
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE]
開場 19:30
開演 20:30
参加費 前売4500円(1ドリンク込)/当日5000円 (1ドリンク込)
※MBIRA教室とライブの同時参加の方は6500円で参加可能
群馬県高崎市中居町2-6-25
tel : 027-386-4846

【要予約】
5月20日 土曜日
haze

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4000円/当日4500円
埼玉県川越市元町1-12-6
tel : 070-5563-4862

【予約可】
5月21日 日曜日
菩提樹の家

開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円(1ドリンク込)/当日4500円(1ドリンク込)
東京都八王子市大和田町1-32-17
tel : 090-9380-7716

【予約可】
5月25日 木曜日
スタジオアムリタ・ウエスト3F

開場 18:30
開演 19:30
参加費 前売4000円/当日4500円
東京都武蔵野市吉祥寺本町2丁目17 吉祥寺本町2-17-12 藤彩ビル3F
tel : 0422-23-6611

【要予約】
5月26日 金曜日
対抗文化専門古書 気流舎

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4000円+1オーダー/当日4500円+1オーダー
東京都世田谷区代沢5丁目29-17 飯田ハイツ1F
tel : 03-3410-0024

【要予約】
5月27日 土曜日
くにたち はたけんぼ

[MBIRA 教室] 【予約必須】
グループレッスン(12名まで)
開場 14:30
開始 15:00
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE]
開場 16:00
開演 17:00
参加費 前売4000円/当日4500円
※MBIRAレッスンとライブの同時参加の方は6000円で参加可能
東京都国立市谷保641
tel : 080-4233-4517

【要予約】
5月28日 日曜日
ギャラリー ゆうど

Imaginary Cafe ~想像的民族料理店~田中庸平プレゼンツ
[MBIRA 教室] 【予約必須】
グループレッスン(8名まで)
開場 14:00
開始 14:30
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE] 
開場 15:30
開演 16:00
参加費 前売7000円/当日7500円
(ご飯とお茶とスイーツ代込み)
※MBIRAレッスンとライブの同時参加の方は9000円で参加可能
東京都新宿区下落合3丁目20-21
tel : 080-5413-6953

【要予約】
5月30日 火曜日
ひとひとて

開場 18:30
開演 19:30
参加費 前売4000円+1オーダー/当日4500円+1オーダー
東京都立川市若葉町1-17-1
tel : 042-507-7352

【要予約】
6月1日 木曜日
たけのこ庵

開場 19:00
開演 20:00
参加費 前売5000円/当日5500円
(夜ご飯代込)
神奈川県鎌倉市 笛田5-6-29
tel : 0467-37-9098

【要予約】
6月2日 金曜日
Panchavati

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4000円+1オーダー/当日4500円+1オーダー
静岡県静岡市鷹匠3-1-13
tel : 054-273-5515

【要予約】
6月3日 土曜日
アーティスト ロフト ボタニカ

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4500円(1ドリンク込)/当日5000円(1ドリンク込)
静岡県静岡市葵区研屋町25
tel : 054-254-8401

【予約可】
6月4日 日曜日
パルル

[MBIRA レッスン] 【予約必須】
グループレッスン(10名まで)
開場 13:30
開始 14:00
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE]
開場 15:00
開演 16:00
参加費 前売4000円/当日4500円
※MBIRA教室とライブの同時参加の方は6000円で参加可能
愛知県名古屋市中区新栄2-2-19
tel : 052-262-3629

【要予約】
6月6日 火曜日
点々(てんてん)

開場 13:00
開演 14:00
参加費 前売4000円/当日4500円
(ネパールの無農薬無化学肥料のコーヒー付)
名古屋市天白区野並3-225
サーナ野並1F
tel : 052-852-3311

【要予約】
6月9日 金曜日 満月🌕
Da maeda

(満月ポットラックパーティ)
開場 18:00
開演 19:00
京都市上京区千本通り中立売上ル玉屋町36
※このライブ&パーティはご予約のみ
予約・お問い合わせ先 Da maeda [tel : 075-465-5268]

【予約可】
6月10日 土曜日
民族楽器コイズミ

[MBIRA レッスン] 【要予約】
グループレッスン(8名まで)
開場 12:30
開始 13:00
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE]
開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
※MBIRA教室とライブの同時参加の方は6000円で参加可能
京都府京都市中京区寺町通り姉小路上る下本能寺前町518番地
tel : 075-231-3052

【予約可】
6月11日 日曜日
錦鱗館

[MBIRA レッスン]【予約必須】
グループレッスン(10名まで)
開場 12:30
開始 13:00
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE]
開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
※MBIRA教室とライブの同時参加の方は6000円で参加可能
京都府京都市左京区吉田神楽岡町3番地
tel : 090-5974-8372

【要予約】
6月13日 火曜日
みけねこ食堂

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都市左京区田中南西浦町73-11
tel : 080-6177-1156

【要予約】
6月16日 金曜日
なやカフェ

開場 17:00
開演 18:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都府京都市左京区北白川堂ノ前町1 デュ北白川102
tel : 090-3765-5245

【予約可】
6月17日 土曜日
堺町画廊

開場 18:00
開演 19:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都市中京区堺町通御池下ル
tel : 075-213-3636

【要予約】
6月21日 水曜日 夏至
musubi-ya

開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都市一乗寺築田103
tel : 090-4099-0998

【予約可】
6月23日 金曜日
入逢山 西方寺

~極楽浄土への誘い~
開場 17:00
開演 18:00
参加費 前売6000円/当日6500円
第1部:観世流梅若の井上和幸能楽師による「西王母」の素謡とお話し
第2部:Rinos Mukurirwa Simbotiと実近修平のムビラ演奏
京都府京都市 右京区常盤出口町1
tel:075-861-3415

【要予約】
6月24日 土曜日
WAkka

開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4500円(1ドリンク付)/当日5000円(1ドリンク付)
京都市左京区下鴨西梅ノ木町9-3
tel : 080-5413-6953

【予約可】
6月25日 日曜日
民族楽器コイズミ

[MBIRA レッスン] 【要予約】
グループレッスン(8名まで)
開場 12:30
開始 13:00
参加費 3500円(1曲)
[MBIRA LIVE]
開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
※MBIRA教室とライブの同時参加の方は6000円で参加可能
京都府京都市中京区寺町通り姉小路上る下本能寺前町518番地
tel : 075-231-3052

【要予約】
6月30日 金曜日
なやカフェ

開場 17:00
開演 18:00
参加費 前売4000円/当日4500円
京都府京都市左京区北白川堂ノ前町1 デュ北白川102
tel : 090-3765-5245

【予約可】
7月1日 土曜日
京都住蓮山 安楽寺

MBANBARAMBIRA ~ムビラの祭典~
開場 13:00(マーケットタイム)
開演 17:00~20:00(ライブタイム)
参加費 前売3500円/当日4000円
(入山料 別途500円必要/15歳以下無料)

出演者 Rinos Mukuwurirwa Simboti(40分)ニューアース(45分) 久津輪美和×実近修平(30分) 犀とみつばち(30分) ムララウング(15分)
※カッコ内は演奏時間

MBANBARAMBIRAについて
生命にとって欠かせない御水へのありがたさを「Remind(想起させること)」してもらえたらと、ショナ族にとっての雨をもたらす風であるバンバーラにかけ、MIBIRAと合体させて名前をつけました。演奏を通じてみなさんの心に呼び起こされる感覚があれば幸いです。

出演者紹介
Rinos Mukuwurirwa Simboti:ショナ族の土着信仰の儀式演奏者 師はMubayiwa Bandambira
ニューアース:石村行と実近修平のMBIRAバンド 師はSimboti
久津輪美和×実近修平 : 両者とも師はSimboti
犀とみつばち:久津輪美和、西嶋俊介、野澤奈穗、神崎英美巨、永田翔平のMBIRAユニット 師はSimboti
ムララウング:たばたゆうこ、ムカワメグミ、石村明日花のMBIRAユニット 師はSimboti

出店者 
なやカフェ(コーヒーとおやつ) カイラスセイカ(おやつ) 杉山佳苗珈琲焙煎(珈琲) サルーテ(菜食ごはん) 手作り味噌ムファロ(お味噌汁) ぼっかって(おにぎり のみもの 手作りのもの) カーヴ田中屋(自然派ワイン) musubi-ya(おいしい野菜と雑貨) T△ri / フランク菜っぱ若狭ベイエリア店(若狭のものとオーガニックな手作りのもの) 木ト布ノ工房 じゃむんち(木の道具やオブジェ) にほひ(ころもとしぜんぶつ) 田中庸平(整体) 阿部有美(ディエンチャン)
京都市左京区鹿ケ谷御所ノ段町21番地
tel : 075-771-5360

【要予約】
7月2日 日曜日
かふぇ さんうぇめ

開場 14:00
開演 15:00
参加費 前売4000円/当日4500円
大阪府堺市南区城山台3-13-7
tel : 072-294-3688

【要予約】
7月3日 月曜日
日陽庵

開場 12:00
開演 13:00
参加費 前売4000円/当日4500円
大阪府貝塚市清児995-1
tel : 090-8385-0707



FC2 Blog Ranking
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
2017-06-04 : シンボッティ ジャパンツアー2017 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

かしむら

Author:かしむら
<職歴>
出版社にて企画制作。
映像部門にて映像編集。
製造卸メーカーにて経理事務、
ホームページ制作。
校正、編集、webライター。



小説ブログ「月の村」


books:
「Four Seasons ~月の響きをききながら~」
「携帯メール小説」(小学館)


YOUTUBE(動画)BGM付 約7分半
「みさきの小学校の守り神
 ~命にかえても守りたかったもの~」


掲載のご依頼、メッセージはコチラから。

FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集



サーバー・レンタルサーバー




ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。